HOME | モルタル造形とは | モルタル造形とは

モルタル造形とは

モルタル造形とは、建物の壁や塀などに、左官こてを使って塗り、それが乾くまでに擬木や擬石やレンガなどの形に彫刻をし、エイジング塗装を施すことによって、外国の石積みの壁や古いレンガの壁の建物などを再現する技術のこと。「デザインコンクリート」ともいう事もある。
日本では有名2大テーマパークを始め全国のテーマパークや動物園などの公共施設や都市部の店舗デザインにも採用され始め、今日では、一般住宅の外壁や庭のデザインにもモルタル造形が施されることが多くなってきており、門柱や小さな小屋などにDIYでモルタル造形を始める方も増えてきています。
 
 

モルタル造形に適した下地

モルタル造形の下塗り

メッシュと下塗り用モルタルを使用している様子

 モルタル造形は基本的にモルタルを塗ることが可能な下地であれば施工可能です。
この技術は、擬木や擬石や擬岩など造形する形によって、モルタルの塗厚を決めるため、デザインによっては10mmほどでも施工は可能ですが、モルタル造形の醍醐味である、劣化して割れた岩や崩れかけたレンガ積みの壁など、有名テーマパークのようなデザインを再現するには20mm以上の厚みが必要になるため、塗りつけるモルタルの重量に耐える下地を作ることが必要になります。
当然重量物の施工になり、モルタルが落下しないように注意する必要があるため、モルタル造形の施工経験がある職人から適した下地処理などの講習を受けることが必須になります。
使用する下地用の材料は国内産のものから、海外の特殊な下塗り材料など、様々な下地に合わせて選定し、割れにくく剥離落下をしない材料が必要とされています。
テーマパークなどでよく見かける、洞窟や大きな岩や大木などは、欧米で定番化しているEPS(発砲スチロール)で下地を形成する工法や下地の段階から鉄筋の溶接によって形を作り上げていく工法でできた下地の上からモルタル造形を施しています。
当店のモルタル造形の講習は基本は平面ですが、造形に慣れてきた方や真剣にプロとしてモルタル造形を学びたい方には、鉄筋での下地(リーバー)を作る方法や、EPSで大きな岩を作る方法などをレクチャーいたします。
モルタル造形の下地について 
 

モルタル造形の彫刻

塗りつけたモルタルを彫刻(カービング)する際も、作りたいものによって柔らかい状態から削り出すことや、ある程度固まりだしてから彫刻を開始することもあり、モルタル造形の彫刻の方法は決まった正解がないと言われるほどたくさんあります。
モルタル造形に使われるモルタルは造形用に開発されている専用のモルタルを使用すると、
固まるまでの時間が長く、厚みをつけても垂れがなく、彫刻性能にも拘っているため、簡単に作りたいものを作ることができます。
当社オリジナルのTF造形モルタルがその造形用モルタルとして全国のモルタル造形をされている職人さんにご支持をいただいています。
TF造形モルタルはこちら
大きな滝などを作る際は、何度かに分けて施工する必要があるため、造形の方法も少し変わってきますので、大作に挑戦されたい方は、前もってご相談ください。専用の大型の講習をいたします。
 

モルタル造形の塗装

モルタルの彫刻を終えて、しっかりと乾燥するまで養生期間をとります。
乾燥しているのを確認できたら塗装工程に進みます。
屋外の施工の場合は雨漏りや紫外線の劣化などに対応するため
モルタルに適した下塗りを塗装し、中塗りにベース塗料をしっかり塗装します。
その後にエイジング塗装を施し、紫外線に耐候性のあるコーティングを施し完成です。
内装の場合は雨漏りの心配などがないため、ベース塗装などで塗膜の厚みをつける必要があまりないため、薄めに仕上げることも現場によってはありますが、基本的にはベース塗装は必要です。
下塗りやベース塗装に必要な塗料は、国産の塗料メーカーさんから出されているもので大丈夫ですが、その後の工程であるエイジング塗装がやり易くなるように、水分を吸い込まない塗料を選ぶ必要があります。
エイジング塗装に使用する塗料は、色あせの心配が少ないためプロの環境で定番になっている、ターナー色彩のエイジングアートカラーやシンロイヒのテクアートカラーなどを使用することをお勧めします。
金額は普通の塗料に比べて少し高価ですが、有名テーマパークの現場などでプロに使われ続けている理由が沢山あります。
しかし耐久性を気にされない自分用のDIYでエイジング塗装をされる場合などでしたら、DIY用の塗料でもいいかと思います。
 
 
 
モルタル造形のツールはこちら
 
エイジング塗装の塗料はこちら

ラインナップ

モルタル造形の講習

ホワイトのモルタル造形の材料

グレーのモルタル造形の材料



エイジング塗装のテクアートカラー

モルタル造形のクリアー

モルタル造形の講習

ホワイトのモルタル造形の材料

グレーのモルタル造形の材料



エイジング塗装のテクアートカラー